スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズーのヨシムネ君

シーズーのヨシムネ君に会いに行って来ました。
ヨシムネ君とは、去年の6月に浜北保健所からレスキューした子です。
(保護時の記事はコチラ)

以前よりこのブログで、ヨシムネ君の病状の事を書いていましたが、日に日に悪化していく一方で、
今では1日に2回も発作を起こしている状態なのです。
私に会って興奮して発作でも起こしてしまったらどうしよう、と不安な思いで、最初会いに行くのを
躊躇っていましたが、里親のKさんも、是非会って欲しい、との事で今回会いに行ける事になりました。
10月に1度会いに行ってるので、約半年振りの再会です。

私を見て、気付いてくれたヨシムネ君は、やはり少し興奮してしまったのか、呼吸が荒くなってきてしまいました。
それでも、私に対して、一生懸命に尻尾を振ってきてくれます。
精一杯の喜びを表現してくれたのでしょう。
だんだん呼吸は落ち着いてきたものの、普通の状態でも、「ヒュー、ヒュー」と、苦しそうな呼吸をしています。
ある程度覚悟はしていたものの、自分の目で見て、あまりの姿に泣いてしまいました。
ヨシムネ君の今までのいろんな事を頭の中で想像し、苦しみを思うと、本当に辛くて仕方がありません。
Kさんご家族の気持ちを考えると、胸が苦しくてたまらなくなります。

Kさんご家族は、本当に献身的で、交代で24時間体制で見てくれています。
他にもさまざまな病気を抱えたワンちゃんがたくさん居ますが、その中でも、
いつどんな時に発作が起こってもおかしくない状態のヨシムネ君を、常に見て下さっています。
発作が起きた時にはスグに薬をあげてあげなくてはなりません。
もし発作に気付かずにそのままにしておけば、おそらく死んでしまうでしょう。
今のヨシムネ君は、薬で何とか生きている、といった状態なのです。

人間も動物も同じですが、家族が苦しむ姿を見るというのは、とても辛い事です。
世の中には「安楽死」といった選択肢もあります。
病気と闘うのは、その本人も、家族も、強い精神力でいなければなりません。
Kさんも、出来る限りのところまでは一緒に頑張ります、とおしゃってくれて、
とても強い意志が伝わってきました。
きっと、ご家族の願いが届いているでしょう。
本当に、Kさんには感謝の気持ちでイッパイです。

もしかしたら、今回が本当に最後になってしまうかもしれない…
だけども、次絶対にまた会えると信じています!
私には祈る事しか出来ません。
でも、きっと気持ちは届いているはずだよね。
1分1秒でも長く、穏やかに過ごしたいよね。
どうか、どうか、ヨシムネ君が苦しまずに居られますように。
そして、また、会えますように。

P1110745.jpg

P1110748.jpg

P1110753.jpg
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

まとめ【シーズーのヨシムネ君】 from まっとめBLOG速報

シーズーのヨシムネ君に会いに行って来ました。ヨシムネ君とは、去年の6月に浜北保健所からレスキューした
  • 2012/11/02 09:20

まとめ【シーズーのヨシムネ君】 from まっとめBLOG速報

シーズーのヨシムネ君に会いに行って来ました。ヨシムネ君とは、去年の6月に浜北保健所からレスキューした
  • 2012/11/02 09:20

Trackback URL

http://6o9per.blog111.fc2.com/tb.php/81-1ce05354

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。